❋ 良い歯科医を探す

小児歯科で治療内容とは

小児歯科では乳幼児期の歯が大人の歯に生え変わるまで口の中の総合的な健康管理をすることで、生え変わり後も問題なく過ごせるようにします。主な治療内容はフッ素を塗布するなどの虫歯や歯肉炎の予防です。他にも歯並びや噛み合わせの状態、そして歯だけでなく扁桃腺や顎関節の状態も診察してもらうことができます。小児歯科に通うことだけでなく普段の生活も大切であるため、食育や歯ブラシの使用方法といったことも指導します。小さいうちからのケアがその後の歯の健康に大きく繋がるため、定期的な受診が推進されています。大人になっても定期的に検診や治療を受けることが大切です。

現在歯科医院はコンビニよりも多いといわれ、どの医院に通えば良いのか悩む患者さんも少なくありません。多くの歯科医院では小児歯科に対応していますが、専門的な資格を持っていたりトレーニングを受けている歯科医師がいるとは限りません。歯科医院を選ぶ際には高度な小児歯科医療を行っているかどうかが判断基準になりますが、それ以外にも治療内容をわかりやすく説明してくれるか、子どもが泣いていても治療してくれるかといった対応内容も良いチェックポイントです。医院名が小児歯科医院になっている場合はほとんどが子どもを専門に診ている歯科医院です。そういった医院には小児歯科認定医や小児歯科専門医がいる可能性が高く、選択時に参考になるでしょう。